FUJII KAZE

Profile

藤井風

藤井 風

1997年6月14日、
4人兄弟の末っ子として岡山県の南西部に位置する人口1万人ほどの小さな町「里庄町」に生まれる。
身長181cm、B型、右利きのミュージシャン。

3歳の頃より楽器を弾けない父にピアノやサックス、時には英語を教えて貰い、小学校の終わりに言われた父の一言「これからはYouTubeの時代」で、実家の喫茶店で撮影したピアノカヴァー動画をYouTubeにアップした事が、後に音楽の世界へ飛び込むきっかけとなった。
幼少期よりジャズやクラシックだけでなく、ポップス、歌謡曲、演歌など、年代・ジャンルを問わず、ありとあらゆる音楽を聴いて育ったことから、『国内外を問わず活動するミュージシャンになる』という思いが自然と芽生える。
高校は音楽科のある学校に通い、音楽漬けの日々を送っていたものの動画投稿は休止していたが、高校卒業と同時に自分の意思でカヴァー動画投稿を再開。そこから確かな技術と聴き手を選ばない秀逸なピアノアレンジが各方面で話題となった。

2019年初春、活動の拠点を岡山から東京へ移す。

夏には、オリジナル音源リリース前にも関わらずYouTubeチャンネル登録者数は増え続け、全国のサーキットイベントや大型フェスに続々と出演。
「Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First」と題した初の東阪ワンマンライブは、全公演チケット完売!となり、噂を聞きつけたニッポン放送スタッフにより、「藤井 風のオールナイトニッポン0(ZERO)」生放送が実現。ラジオにゲスト出演すらしたことがなかった藤井 風が、初出演にして初の冠番組を担当した。
2020年1月11日(土)に2度目のパーソナリティを務め、前回同様オールナイトニッポンパーソナリティーメドレーやリスナーからリアルタイムに届く生演奏のリクエストに即座に対応するなど、好評を博す。

11月17日(日)に行われたLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのワンマンライブも、オリジナル音源リリース前にも関わらずチケットは即日完売!となった。

2020年1月24日に「何なんw」+カヴァー曲3曲を収録した「何なんw EP」、2020年2月21日(金)には「もうええわ」+カヴァー曲3曲を収録した「もうええわ EP」が”HEHN RECORDS / UNIVERSAL SIGMA”よりデジタルリリース!

Spotifyが今年躍進を期待するネクストブレイクアーティスト10組「Early Noise 2020」に選出され、
6月にはZepp Tokyo、Zepp Namba(OSAKA)にて“NAN-NAN-SHOW 2020”と題したワンマンライブが決定している。

Language »
Language »